リフレクソロジーと整体

リフレクソロジーは、足の施術に特化しています。日本語に直すと、反射学などと訳されるそうです。足裏や手には反射区と呼ばれる部分があるそうです。所謂ツボと呼ばれる部分で、ここを刺激することで様々な良い効果があるそうです。

この反射区は、例えば肩凝りがある時に該当する反射区を指で押すとしこりを感じることがあるそうで、触っただけで状態が分かることもあると言われています。ほとんどの臓器や器官などには、反射区が存在していると考えられているそうです。医学的には解明されていないそうですが、効果を感じられるとの声も多いそうで、研究が進められている分野と言われています。

マッサージを行う場合には国家資格が必要ですが、整体師と同様に国家資格は必要ありません。ただし認定資格はありますので、知識をつけるために取得するという人もいるそうです。介護や福祉の仕事はもちろん、整体師がさらに知識の幅を広げるためにダブルで取得するライセンスと言われているそうです。

リフレクソロジーには、ソフトな刺激である西洋式のものと、しっかり押して施術を行っている東洋式のものがあります。西洋式のものは英国式、東洋式のものは台湾式とも言われているそうです。日本でのリフレクソロジーは、一般的に西洋式のものを指しています。

通信講座やスクール、専門学校も存在しているようです。どの資格であっても、知識がつくという意味では違いはありません。整体師のプラスアルファの知識としても、整体師になるための勉強の第一歩であっても、リフレクソロジーの資格はプラスになると考えられています。

資格の種類も様々にありますので、自分のライフスタイルと合った勉強をしましょう。